カードローンの即日借入の審査に通るコツ

できるだけ、希望金額を小さく申告する

カードローンの即日借入の審査で、確実に合格する(通る)というコツは正直ありません。というのは、年収や職業、勤続年数、現在の借入総額など、すでに決まっている数字でのみ審査されるからです。電話の受け答えの印象など、当日どうにかできるものはないのです。受け答えが苦手な方にとっては、むしろその方がありがたいでしょうが。というわけで、審査を通過するコツやポイントがあるとしたら、それは「希望金額を小さく伝える」ということが一番なんですね。

 

希望金額はどのくらいにすればいいか?

これは人によりますが、「本当に必要な金額だけ」申し込むようにしましょう。そもそも、それ以上の金額を申し込むする必要などないはずです。たとえばアイフルのように最低借入金額が1000円からという、非常に小さい単位の会社もあります。このアイフルのような貸金業者だったら、たとえば3000円必要という時でも、ぴったりそれに合った金額を合わせて借りることができます。

 

最低借入金額が大きいカードローン会社だと、どうすればいいか?

消費者金融系の場合は、アコムでもモビットでもプロミスでも、最低借入金額は1万円からとなっています。なので、数千円必要という場合でも、余分なのはやはり数千円だけですから、これは別にいいでしょう。問題は最低借入金額がもっと大きいイオン銀行のカードローンBIGなどです。この場合30万円からという条件になっています。

 

しかし、借りてすぐに返せば問題ない

このように「最低借入金額30万円」となっていても、「全部使わなきゃいけない」というわけではありません。とりあえず30万円借りて、29万円その日のうちに返済する、という風にしたら、アコムなどと同じく1万円だけ借りる、ということができます。なので、「必要な金額だけ借りる」というのは、別に難しいことではないのです。最低借入金額が大きい貸金業者でも、問題なくできます。

 

最低限の金額で我慢する、という意志力の問題

結局のところ、キャッシングのシステム的には、即日融資だろうと普通の融資だろうと、このように小さい金額で借りられるようになっているのです。ということは、あとはその小さいお金で満足できるかという意志力の問題なんですね。キャッシングを利用する人は、次々自分のほしいものを、借金でも買ってしまうという修正がありますが、こういう生活をしている方でも、一度倹約を始めるとそれが気持ちよくなるものです。ぜひそういう生活に切り替えていきまそう。