会社経営者が消費者金融の審査に申し込む場合のポイント

まず、事業用なのか個人用なのかはっきりさせる

会社経営者の方が消費者金融系のカードローンを利用する場合、まずは事業用に借りたいのか、個人用に借りたいのかを区別しましょう。何が違うかというと、事業用だったら事業者向けローンがあるので、そちらの低金利で借りた方がいい場合もあるからです。

 

しかし、事業者向けローンは審査が厳しい

ただ、事業者向けローンのデメリットとして「審査がきつい」ということがあります。それは当然でしょう。事業計画書も提出する必要がありますし、その他の必要書類も、そのローンを提供する貸金業者によってルールが違うものの、いろいろあるのは確かです。また、即日振込みというのはまずありません。しっかりした経営をしている会社だったら「その日中にお金がいる」ということは少ないはずなので、事業者向けローンではそういう即日融資には、あまり対応していないのです。

 

即日借入が必要な場合は、通常のキャッシングを使う

こういう理由から、どうしても「今日借りたい」という場合には、普通のキャッシングを使うことをおすすめします。つまり、モビットとかアコム、プロミスなどの会社ですね。多くの方が聞き慣れている大手のカードローン会社です。大手だったら実質年率なども良心的な水準なので、支払う利息もそれほど高くなくて済みます。事業者向けローンほどではないですが、利子を少なく押さえたいという方は、こういう大手を選ぶべきでしょう。

 

収入証明書や身分証明証は必須

プロミスやアイフルなどの会社の場合、100万円や数百万円程度の借入希望金額なら、収入証明は不要ということが多いです。しかし、会社経営者、フリーランス、個人事業主などの「不安定な職業」の方の場合、大抵収入証明書が必要になります。もっとも、会社を経営しているくらいであれば、当然確定申告や納税証明書などを持っているはずなので、この辺は問題ないでしょう。

 

とにかく素早く借りて、素早く完済するのが一番のコツ

基本的に、消費者金融系の貸金業者で借りるのであれば、大手は実質年率も限度額もほぼ同じレベルなので、特に大した相違点はありません。なので、どこの会社がベストか?などとランキングを見たりするよりも、早く借りてピンチをしのぎましょう。そして、早く仕事に集中して早く稼いで、急いで全額返済する、という方がよほど大事です。会社経営者の方ならわかるでしょうが、こういう力の入れどころというのは大事なものです。