キャッシング申込みの即日融資の審査で答える内容

年収、職業、借入総額など一般的な内容

キャッシング申込みの即日融資の審査で聞かれる(答える)内容は、ごくごく一般的なものです。多くの方が想像する通り、収入、職業、現在の借入総額など、これらは当然審査で必要だろう、というようなものばかりです。他にも居住年数や勤続年数、固定電話の有無などいろいろ聞かれるものもありますが、基本的には、年収、職業、借入総額の3つの条件でほぼ審査に通るかどうかが決まります。

 

審査はWEBのみでOK

ほとんどの会社は、消費者金融系でも銀行系でも「WEBのみでOK」という風になっています。つまり、郵送や電話での審査ではない、ということです。WEBの審査でも、電話を最低限することはあります。審査に通ったかどうかの連絡とか、審査の最終決定の前の確認、のような感じで電話がくることもあります。その場合も、審査のメインの部分はすべてインターネットで終わります。

 

在籍確認の電話はある?

たとえば職場に対して「○○さんは在籍していますか?」という在籍確認の電話がされるのではないか、と心配な方もいるかも知れません。結論からいうと、これは基本ありません。実際、アコムやプロミス、モビットなどでこれらの在籍確認なしで借りることができた、という体験談は多いです。ただ、その場合は社員証をメール添付で必要書類として提出していた、ということが多いようです。

 

在籍確認の電話で、キャッシングが職場にバレることは?

これは、ほぼバレないでしょう。というのは、あなたの名前が加藤さんだったとしたら「加藤さんお見えですか?加藤○○さん」というように、ごくごく自然な聞き方をしてくれるからです。こういうカードローン会社の審査を受けた経験のある人が電話を取ったら、「ああ、在籍確認だな」と勘づくかも知れませんが、普通の人だとわかりません。また、仮にわかってもとぼけてくれる人がほとんどなので、その点も心配する必要はないです。

 

審査で落ちてしまったらどうすればいいか?

万が一審査に落ちてしまった場合ですが、これは別の会社で再度審査を受ける、というのがひとつの手です。ただ、その時希望金額は前の時よりも減らした方がいいでしょう。年収や職業、勤続年数などの条件が問題なくても、希望金額が多すぎたために審査に不合格だった、という方も結構いるのです。借入希望金額は、やはり審査に落ちようが落ちるまいが、控えめにして「本当に必要な金額だけ」借りるようにするべきでしょう。