カードローンでその日のうちにお金を借りる時の注意点

何時までに申し込めばいいのか、時間を把握しておく

カードローンで「その日のうちに借りたい!」という方は多いでしょう。このような即日融資を希望する場合、「何時までに申し込みしなければならない」というルールがあります。その、いわば締め切りの時間を知っているかいないかで、その日中にお金をゲットできるかどうかが決まります。

 

午前中には申し込みを済ませておく方が無難

たとえばモビットの場合、14時50分までに審査が終わっていれば(合格していれば)、その日のうちに振り込んでもらえる、となっています。しかし、実際にこの時間で受かっても、あちらの手違いで数分遅れたらアウト、という可能性もあります。銀行は15時で閉まってしまいますから。そう考えると、この時間ギリギリで申し込みするのはリスクがありますよね。なので、余裕を持って、午前中に申し込むことをおすすめします。

 

時間を過ぎてしまった場合は、無人契約機でカードを発行しよう

万が一時間を過ぎてしまった場合も、まだ即日借入の希望を捨てることはありません。余裕で可能です。ただ、方法を変える必要があります。アコムでもプロミスでも、それぞれ無人契約機を持っていますが、そこに行ってカードを発行すればいいのです。無人契約機は大体21時くらいまで稼働しています。なので、遅い時間帯になっても大丈夫なのです。

 

カードを使って、コンビニで借入する

こうしてカードを無人契約機で発行したら、それを持ってコンビニに行き、コンビニの提携ATMを使って借入(引き落とし)をします。コンビニは当然24時間開いているので、審査に合格するのが何時になったとしても、これで確実にその日のうちに借りることができます。

 

そこから先、振り込むことはできないので注意

ここで注意しなければならないことは、こうやって深夜に現金で借入したとしても、そこからどこかに振り込むことはできない、ということです。当然ですが、深夜なので、三菱東京UFJ銀行も三井住友銀行も、どこでも閉じています。なので、その日にお金を借りる理由が「どこかに振り込む必要がある」という場合、それはできないんですね。一日くらい遅れても大丈夫、という緩い業者だったらそれでもいいのですが、そうではなく、1日遅れただけでも大変というような職業、会社だったりしたら、くれぐれも注意してください。ちなみに、私がキャッシングしていた頃に住んでいた部屋は、家賃の振込が一日でも遅れると、電子キーが無効になって、入れなくなるという所でした。こういうケースでは、特に注意しましょう。